> 株式会社ビケン110番システム | TOP

110番非常通報システム

施設内に本体及び押しボタンをを2〜3個設置します。異常発生時には押しボタンを押すことにより、電話回線を通じて音声が、110番に通報されます。
110番からすぐに状況確認の電話がきますので、本体の受話器で応対ください。そのまま放置しても警察官が臨場いたします。


  • 警備会社を経由せず直接通報される事で、5分以上の時間短縮が見込めます。
  • 住所など予め録音しておいたもの(最大18秒)が自動再生される為、正確な情報が通報されます。


    110番非常通報装置の操作方法

    110番非常通報装置 詳細
    名称 非常通報装置
    型番 PEC-110
    適用回線 一般加入電話回線
    ダイヤル方式 DP(10/20pps) PB
    通報先 110番警察通信司令室 その他 一般通報先16ヵ所
    リダイヤル 110番-100回 一般通報先各20回
    通報メッセージ 固定メッセージ+ユーザーメッセージ 最大18秒 合計最大30秒
    主電源 AC100V 50/60Hz
    予備電源 ニカド電池(DC 12V/0.9Ah) バックアップ8時間
    使用環境条件 使用温度範囲 0~40℃ 使用湿度範囲 45~85%RH (但し結露の無いこと)
    外形寸法 縦241mm×幅290mm×奥行85mm
    重量 約2Kg


    110番非常通報装置の設置について

    現在ご使用の一般加入電話回線に接続できます。
    非常時は非常通報機能が優先しますが、通常時は既存の電話機を使用できます。

    110番非常通報装置 設置までの流れ
    1. 110番非常通報装置の設置工事と、オフラインによる動作テストを行います。
    2. 警察機関へ110番非常通報装置の設置を届出ます。
     (設置場所等の確認と、警察本部長許可証を取得)
    3. 警察機関に事前了解の上で、110番へ通報試験を行います。

    以上で設置完了です。

    資料請求
    • 110番非常通報システム
    • 地震110番システム